お供養品でいただいたモノのエピソード

Hot Topics
お供養品でいただいたモノのエピソード

父が亡くなって / 34歳 女性

父が亡くなって、一周忌や三回忌、毎年の命日やお盆の時期に、お供養品を送ってくれる知人がいます。ほとんどの人が毎年同じような品を選んでいますが、その知人は1度も同じ品を送ってきたことはありませんでした。
毎回色んなお店で選んでくれてるんだと思います。しかも、いつも珍しい品や美味しい物ばかりで驚いてるんです。

この間の命日にも、フルーツゼリーが届いたんですが、ゼリーなのに本物の果肉を食べてるような食感なんです。
メロンのゼリーには、果物の繊維のような食感もあって、これって本物のメロンじゃないの?と思ったくらいです。
普通のフルーツゼリーは、透明なゼリーにちょっと果肉が入った程度ですが、知人が送ってくれたゼリーは、果肉そのものを食べてる感覚になれます。今まで食べたゼリーの中で一番美味しかったし、まさに新感覚の食べ応えで驚いてました。
知人のお陰で、こんなゼリーがあったんだと初めて知ることが出来ました。

あまりに美味しくて、また食べたくなったので、販売店を調べて、個人でもお取り寄せしたくらいです。
今では毎年どんな美味しい品が送られてくるのか、すごく楽しみなんです。

関連サイト情報



Copyright(c) 2017 お供養品でいただいたモノのエピソード All Rights Reserved.