お供養品でいただいたモノのエピソード

Hot Topics
お供養品でいただいたモノのエピソード

お供養品でいただいたモノは / 47歳 男性

お供養品でいただいたモノは、季節によって変わるような印象があります。夏になるとゼリーのような涼しい印象の物が多いですし、冬になるとクッキーなどのお菓子が多いです。

法事などでお供養品をいただくと、我が家では参加した全員で分けるという習慣があります。大きな紙袋に同じ数だけ、お菓子を分けて持ち帰ります。親戚がたくさん集まるので、なるべくお菓子の種類がかぶらないように選んでいます。全て配る事で、感謝の意味を表しているのです。
遠くから来てくれる方もいるので、その場で食べるというよりは、自宅に帰ってゆっくり味わってもらうという感じです。

お供養品で美味しいお菓子を見つけることも多いです。
なかなか普段食べることができない、高級なお菓子を持参してくれる人が多いので、食べる機会のないお菓子の中から、特別美味しいお菓子を見つけることができるのです。
そのお菓子の説明書を保管しておいて、何かがあった時、お菓子選びの参考にするようにしています。

関連サイト情報



Copyright(c) 2017 お供養品でいただいたモノのエピソード All Rights Reserved.