お供養品でいただいたモノのエピソード

Hot Topics
お供養品でいただいたモノのエピソード

幼なじみの母親が亡くなり、葬儀に参列した時の事です / 48歳 女性

幼なじみの母親が亡くなり、葬儀に参列した時の事です。
膵臓ガンだったのですが、まだ60代なので、手術をすれば大丈夫だと思っていたのに残念でなりません。
お供養品って一般的にはタオルやお茶などですが、フルーツの缶詰を大量に頂きました。
生前フルーツの缶詰が大好物だったので、それでお茶の他に缶詰をもらったのですが、車で来ていない方はちょっと重くて大変だったと思います。
私は葬儀の手配等も手伝っていたので、車で来ていたので大丈夫でしたが、缶詰はちょっと持って帰りづらいかもしれません。
でも、ちょっと変わっていて、故人を思い出してしまうお供養品です。
もらった側は、ちょっとびっくりしていましたが、あの人らしいと会話が聞こえてきました。

私も自分の葬儀の時は、ちょっと変わったものにしたいと思いました。
いつも、変わり者だと言われているので、やっぱり変わり者だと笑って帰れるようにしたいです。
必ずしも一般的な物でなくても、故人の好きだった物もいいのかもしれません。

関連サイト情報



Copyright(c) 2017 お供養品でいただいたモノのエピソード All Rights Reserved.