お供養品でいただいたモノのエピソード

Hot Topics
お供養品でいただいたモノのエピソード

お供養品でいただいたもので思い出すのは桃です / 33歳 女性

お供養品でいただいたもので思い出すのは桃です。

私の田舎はお盆の時期が少し早い地域で、7月に行っています。その時期のフルーツといえば桃だということで、びっくりするほどの桃が届いたことがありました。
祖父が亡くなって初めてのお盆ということで、遠い親戚からもたくさんのお供養品が届いたのですが、そのほとんどが桃だったという事がありました。
しかも、皆さん籠に入っているような高級な品を贈って下さったので、置き場がないほどの桃の山に。お部屋全体が桃の香りに包まれて、祖父も喜んでくれたのではと思っています。
ですが、その後毎日のように桃を食べなくてはいけない状況になり、数日後には「もう見たくない…」という状況になってしまいました。
とても美味しかったのですが、毎日のように続くとさすがに飽きてしまいました。
今となれば、そんなに贅沢な日々はなかったと思うので、もう少し味わって食べておけばよかったなんて反省しています。
今でも家族とこのお供養品の話をすると、笑ってしまいます。


Copyright(c) 2017 お供養品でいただいたモノのエピソード All Rights Reserved.